くらし情報『小説家・小川糸さんと鎌倉。/小説「ツバキ文具店」は鎌倉散歩の参考書。』

2022年7月5日 17:23

小説家・小川糸さんと鎌倉。/小説「ツバキ文具店」は鎌倉散歩の参考書。

目次

・「ツバキ文具店」とは
・小説「ツバキ文具店」は鎌倉散歩の参考書。
・Profile…小川 糸(おがわ・いと)
小説家・小川糸さんと鎌倉。/小説「ツバキ文具店」は鎌倉散歩の参考書。

毎月数日は鎌倉で過ごすという小説家・小川糸さん。町の住人やお店に注ぐ眼差しは温かく、愛にあふれる。訪れるたびに新発見があるという町の魅力について聞く。

「ツバキ文具店」とは

ツバキ文具店の主人ポッポちゃんと鎌倉の人々との物語。舞台となるカフェやカレー屋さんなど、筆者が鎌倉を歩いて見つけ出した場所ばかりが登場し、読者は実在と物語が入り混じる。暮らしと季節がやさしく綴られている。

小説「ツバキ文具店」は鎌倉散歩の参考書。

小説家・小川糸さんと鎌倉。/小説「ツバキ文具店」は鎌倉散歩の参考書。

レンバイにある〈はな〉。レンバイに来たときに、お団子や太巻きを購入する、普段使いの店。〈パラダイスアレイ〉の向かい側。

小川糸さんの小説「ツバキ文具店」は、鎌倉の代書屋、ポッポちゃんのお話。チャーミングだったり、ひとクセふたクセあったり、困ったちゃんであったり、といった愛すべき登場人物が織りなす物語が、鎌倉を舞台にキラキラと綴られていく。読者にとって何よりうれしいのは、お話に出てくるお店や場所が実在することだ。だから、ポッポちゃんやお隣のバーバラ婦人になった気持ちで、鎌倉散歩が楽しめたりもする。『ツバキ文具店の鎌倉案内』(幻冬舎刊)なんて文庫本まで出ちゃってるから、聖地巡礼のように、本を手に鎌倉巡りをする人も多い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.