くらし情報『『クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”』六本木〈21_21 DESIGN SIGHT〉で開催中。』

2022年6月28日 18:00

『クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”』六本木〈21_21 DESIGN SIGHT〉で開催中。

目次

・地球をキャンバスにしたといわれるクリストとジャンヌ=クロード。
・アーティストが他界した後に実現した悲願のプロジェクト。
・壮大なプロジェクトに携わった人、見守る人の様子が映像に。
『クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”』六本木〈21_21 DESIGN SIGHT〉で開催中。

凱旋門といえばエッフェル塔と並ぶパリのシンボルです。その凱旋門が2021年9月18日から10月3日までの16日間、銀色の布で包まれました。現代美術作家クリストとジャンヌ=クロードが60年前に構想し、実現したこのプロジェクト。その記録を六本木の〈21_21 DESIGN SIGHT〉で見ることができます。

地球をキャンバスにしたといわれるクリストとジャンヌ=クロード。

『クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”』六本木〈21_21 DESIGN SIGHT〉で開催中。

2人がお互いを撮った写真も展示されています。
『クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”』六本木〈21_21 DESIGN SIGHT〉で開催中。

パリで出会った2人はニューヨークに移住。

現代美術作家クリストとジャンヌ=クロードは、1935年6月13日、同じ年の同じ日に別々の場所で生まれました。2人は1958年秋のパリで運命的に出会い、公私ともにパートナーとして共同でモニュメンタルな環境芸術作品を制作します。

『クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”』六本木〈21_21 DESIGN SIGHT〉で開催中。

『包まれたポン・ヌフ、パリ、1975–85』のパネル。
『クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”』六本木〈21_21 DESIGN SIGHT〉で開催中。

『ヴァレー・カーテン、コロラド州ライフル、1970–72』のパネル。

クリストとジャンヌ=クロードは、絵画や彫刻、建築といったこれまでの枠組みを超越した作品を作ってきました。『包まれた海岸線、100 万平方フィート、 オーストラリア・シドニー、リトル湾、1968–69』、『ヴァレー・カーテン、コロラド州ライフル、1970–72』など、地球をキャンバスにするといわれるほど壮大です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.