くらし情報『のんびり楽しい”島時間”!香川県・小豆島へ行く1泊2日の週末女子旅 -前編-』

2019年7月14日 07:00

のんびり楽しい”島時間”!香川県・小豆島へ行く1泊2日の週末女子旅 -前編-

朝から移動が多かった私たちは、夕飯までここで少し休んで行くことに。

のんびり楽しい”島時間”!香川県・小豆島へ行く1泊2日の週末女子旅 -前編-


注文したのは「ブラジルコーヒー(400円)」「ベーシックホットドック(500円)」「カカオロール(280円)」。小豆島のベーカリーから仕入れているパンやケーキは、こだわりのコーヒーと相性抜群。鎌倉から移住したオーナーさんと話をしながら、沈む夕日と共に束の間の休憩を楽しんだのでした。

小豆島の食材をふんだん使用した〈島宿 真里〉の豪華ディナー

のんびり楽しい”島時間”!香川県・小豆島へ行く1泊2日の週末女子旅 -前編-


すっかり外は暗くなりディナーにやってきたのは、創業50年を誇る宿〈島宿 真里〉。建物には醤油蔵の柱や樽の古材などが使用されており、和風モダンな雰囲気。内装の趣が異なる全7つの客室からは島の暖かさを感じ、ほっと癒される空間です。

のんびり楽しい”島時間”!香川県・小豆島へ行く1泊2日の週末女子旅 -前編-


宿には自家源泉の大浴場と露天風呂もありますが、内湯のある部屋も。おこもりにもぴったりな〈島宿 真里〉は、どの部屋に宿泊しても贅沢な島時間を過ごせるはずです。2018年にリニューアルを行いグレードアップしているので、宿泊の際には早めの予約をおすすめします。

のんびり楽しい”島時間”!香川県・小豆島へ行く1泊2日の週末女子旅 -前編-


更に、2019年4月には別邸〈海音 真里〉が新オープン。小豆島・堀越地区の海に挟まれた別邸は、穏やかな波音と優しい海風の香りに癒される特別な空間。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.