くらし情報『〜今度はどの美術館へ?アートのいろは〜「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」』

2019年5月30日 18:00

〜今度はどの美術館へ?アートのいろは〜「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」

目次

・モンパルナスのプリンスと呼ばれた才能、キスリング。
・今展企画監修者でもあるマイテさん一押しの作品は?
・開催概要「キスリング展エコール・ド・パリの夢」
〜今度はどの美術館へ?アートのいろは〜「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」


ラジオ番組で美術展を紹介するうちに美術館巡りの面白さに目覚めたというDJAIKO62さん。コラム連載第15回は〈東京都庭園美術館〉で開催中の「キスリング展エコール・ド・パリの夢」をご紹介します。日本では12年ぶりとなる「キスリング展」、アール・デコ建築との共演も楽しんでください!

モンパルナスのプリンスと呼ばれた才能、キスリング。

キスリングはエコール・ド・パリを代表する画家。生まれはポーランドで、美術学校を卒業後19歳でパリへ渡ります。そこでピカソやモディリアーニ、パスキン、そして藤田嗣治とも交流を深めます。
第一次世界大戦はフランスの外国人部隊として、第二次世界大戦ではユダヤ人であったためアメリカのニューヨークに身を寄せるなど激動の時代を生きぬきました。
しかし社交的で人望があったキスリングの過ごす場所にはいつも家族や友人が集い、絵の制作依頼も多く、画家としても大変恵まれた人生を送ったそうです。
今回は肖像画、静物画、裸婦像など約70点が一堂に会しキスリングの画業をたどっています。どれを見てもヴィヴィッドな色使いやポップさに心が躍るはずですよ。

〜今度はどの美術館へ?アートのいろは〜「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」


ベル=ガズー「コレット・ド・ジュヴネル」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.