くらし情報『初心者でも楽しめる!東京の山・高尾山の「奥高尾ミニ縦走ハイキングコース」後編』

2019年6月14日 12:00

初心者でも楽しめる!東京の山・高尾山の「奥高尾ミニ縦走ハイキングコース」後編

初心者でも楽しめる!東京の山・高尾山の「奥高尾ミニ縦走ハイキングコース」後編


高尾山、城山、景信山と3つの山をつないで歩く奥高尾縦走路。深い森の中を歩いて行くと、ぱっと視界が開ける瞬間があり、東京の町並みがジオラマのように見える。尾根の反対側、神奈川県方面には相模湖が見える。

空に向かって登っていくような急坂を越えると景信山の山頂に出た。眼下には八王子の町並み、ビルが立ち並ぶ都心の風景が蜃気楼のように見える。そうだ、ここは東京の山なんだ。そのあまりの近さに、やっぱり驚いてしまう。「高尾山ではね、夜になると木々の間をムササビが飛ぶんですよ」。今朝立ち寄った、高尾山麓の〈TAKAO 599 MUSEUM〉で聞いた学芸員さんの言葉を思い出す。

初心者でも楽しめる!東京の山・高尾山の「奥高尾ミニ縦走ハイキングコース」後編


〈TAKAO 599 MUSEUM〉。高尾山に生息する動物たちの剥製が展示された「NATURE WALL」は圧巻!朝8時から開館しているので登山前にぜひ。

自分が暮らす町からほど近い山の中で、ムササビが飛び回っている。それってなんて不思議で面白いんだろう!

景信山から麓のバス停までは1時間ほど。車道に出ると、ふかふかの土を歩いてきた足裏が「ん?」という感じで、町に戻ってきたことをまず足から実感する。電車に1時間乗れば新宿。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.