くらし情報『有楽町のガード下にスペインバル〈真夜中の太陽〉がオープン!』

2019年6月26日 07:00

有楽町のガード下にスペインバル〈真夜中の太陽〉がオープン!

目次

・郷愁漂うガード下に、陽気なスペインバルが登場!
・〈真夜中の太陽〉に来たらまず飲みたいのが天然微発泡ワインの「ランブルスコ」。
・フレッシュフルーツを贅沢に使った「自家製サングリア」は料理のと相性抜群!
・パリパリトロトロがたまらない!〆はもう1つの名物「おこげ」で。
有楽町のガード下にスペインバル〈真夜中の太陽〉がオープン!


有楽町に本場スペイン仕込みの“おこげ料理”とワインを提供するスペインバル〈真夜中の太陽〉がオープン!陽気な外国人スタッフや本場仕込みの料理で、スペイン気分が楽しめます。気になる店内やお店のイチオシメニューなどをご紹介します。

郷愁漂うガード下に、陽気なスペインバルが登場!

有楽町のガード下にスペインバル〈真夜中の太陽〉がオープン!


顔出しパネルでマタドール気分も味わえる?

有楽町駅から3分、東京駅から8分の場所のガード下にオープンした〈真夜中の太陽〉は、スペインの街角にあるバルのようなお店です。

有楽町のガード下にスペインバル〈真夜中の太陽〉がオープン!


外国人スタッフの陽気な掛け声に誘われ店内へ。

〈真夜中の太陽〉という店名なだけあって、ガード下とは思えないほど店内が明るくてとても入りやすいです。ただし、席数が少ないので予約することをおすすめします。

有楽町のガード下にスペインバル〈真夜中の太陽〉がオープン!


フレンドリーな外国人スタッフがお出迎えしてくれる。

〈真夜中の太陽〉に来たらまず飲みたいのが天然微発泡ワインの「ランブルスコ」。

有楽町のガード下にスペインバル〈真夜中の太陽〉がオープン!


お茶碗にワインを注ぐスタイルの「ランブルスコ」580円。

“ランブルスコ”は、ランブルスコ種のブドウ品種を使って造られている、天然微発泡のイタリアワインです。

有楽町のガード下にスペインバル〈真夜中の太陽〉がオープン!


お茶碗でワインを飲むなんてなんだか新鮮。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.