くらし情報『有楽町のガード下にスペインバル〈真夜中の太陽〉がオープン!』

2019年6月26日 07:00

有楽町のガード下にスペインバル〈真夜中の太陽〉がオープン!

微発砲でちょっぴり甘口なランブルスコは、ハムやソーセージなどの加工品やチーズと相性が良いそう。お茶碗で飲むスタイルが楽しいので会話も弾みます。

有楽町のガード下にスペインバル〈真夜中の太陽〉がオープン!


「ランブルスコ」によく合う「削りたて生ハムとソーセージの盛合わせ」1,800円。

左からチョリソーとサラミソーセージ、アタマ、バラ、プロシュート、生ハム。
ハムはそれぞれ塩分や脂などが違い、とよく合う!お酒を飲みながら食べ比べが楽しめます。

有楽町のガード下にスペインバル〈真夜中の太陽〉がオープン!
「馬肉と青森産ニンニクのカルパッチョ」(1,200円)は、スタミナが付きそう!!

ハムとソーセージのほかに、「ランブルスコ」と相性が良いのは「馬肉と青森産ニンニクのカルパッチョ」。ニンニクの風味や馬肉の甘味、ワインの味わいが絶妙にマッチします。

有楽町のガード下にスペインバル〈真夜中の太陽〉がオープン!


缶詰を使ったタパスは480円〜690円。

メニューには、気軽につまめる「缶DE TAPAS」があり、価格も480円〜690円とリーズナブル。鯖と新玉ねぎのサラダやツナマヨオリーブ、焼きコーンビーフ、モツカレーポテト、オイルサーディンパクチーライムの5種類。特におすすめは「ツナマヨオリーブ」。これがまたボリュームがあって白ワインやサングリアとよく合う!

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.