くらし情報『海の幸を生かした名物料理も。愛媛県・宇和島のグルメ旅へ!』

2019年7月10日 18:00

海の幸を生かした名物料理も。愛媛県・宇和島のグルメ旅へ!

目次

・「パクチー醤油」に「ふりかけポン酢」!? これまでになかった調味料。
・ワイルドな見た目に反し、絶品!ユニークな「太刀魚巻」。
海の幸を生かした名物料理も。愛媛県・宇和島のグルメ旅へ!


愛媛県の南予地域にある宇和島市は、真珠や真鯛、ハマチといった海産物の養殖が盛んに行われている都市。また、愛媛県のなかでも、みかんの生産量が特に多いことでも知られています。ここでは、自慢の海産物や柑橘を使ったグルメを切り口に、宇和島市の魅力をご紹介。また、昨年7月の豪雨災害に負けず、日々頑張る人たちの姿にもスポットを当てます。

新鮮な海の幸をつかった、ユニークなグルメ。

海の幸を生かした名物料理も。愛媛県・宇和島のグルメ旅へ!


宇和島市は宇和海に面しているため、海側のルートを走れば、穏やかな景観を楽しめます。海面に鯛やハマチの養殖いかだが浮いている場所も多く、養殖業が島の暮らしや経済を支えているのを、見て取ることができるでしょう。

海の幸を生かした名物料理も。愛媛県・宇和島のグルメ旅へ!


「ハランボ」の内臓を取り除く作業も手作業で。

この日まず向かったのは、宇和島市吉田町にある〈はるちゃん天ぷら〉。ここでは、宇和島市の郷土料理であり、県内でもポピュラーな「じゃこ天」が作られています。「じゃこ天」は練り物の一種で、おもな材料は、宇和海で水揚げされた「ハランボ」。これを皮や骨ごとすりつぶした後、油で揚げるというのが、一般的な作り方です。〈はるちゃん天ぷら〉の代表を務める山本はるみさんによると、こちらでは、プリプリとした食感に近づけるため、イカを“つなぎ”として使っているそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.