くらし情報『無印良品ラヴァーズ必見の展覧会!〈ATELIER MUJI GINZA〉の「Archives:Bauhaus展」に行ってみた。』

2019年7月17日 12:00

無印良品ラヴァーズ必見の展覧会!〈ATELIER MUJI GINZA〉の「Archives:Bauhaus展」に行ってみた。

目次

・わずか14年の間に数々の足跡を残したバウハウス。
・どれが無印良品でしょうか?
・〈MUJI HOTEL〉でデザインを学ぼう。
・「Archives:Bauhaus展」
無印良品ラヴァーズ必見の展覧会!〈ATELIER MUJI GINZA〉の「Archives:Bauhaus展」に行ってみた。


2019年にオープンした銀座〈無印良品〉で〈バウハウス〉をテーマにした展示「Archives:Bauhaus」が開催されている。今年でちょうど創立100年を迎えた〈バウハウス〉の残したデザインの数々は、今も多くのデザイナーやクリエーターらの憧れだ。展示ではそんな名作の足跡を〈無印良品〉のプロダクトと共に、私たちに知らせてくれている。早速、東京のギャラリーを回ることが楽しみだという、キュレーターのナナメ・チャンさんが展覧会に出かけた。

わずか14年の間に数々の足跡を残したバウハウス。

無印良品ラヴァーズ必見の展覧会!〈ATELIER MUJI GINZA〉の「Archives:Bauhaus展」に行ってみた。


〈MUJI HOTEL GINZA〉のフロントがある6階に併設されているのは、宿泊のゲスト以外に一般の人も見学可能のスペースだ。第一次世界大戦の1919年。そんな不穏な空気の中でも、ドイツでは芸術と産業を結びつける機運が生まれ。芸術家や建築家が集まって工芸、写真、デザインの分野で人材育成のための教育機関として〈バウハウス〉が誕生した。ミース・ファン・デル・ローエ、ヴァルター・グロピウス、パウル・クレーと行った名だたる芸術家が、その運営に関わったことで世界中にその存在が知られている。残念ながら運営期間は短く、開校して14年後の1933年、ナチスによって閉鎖に追い込まれた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.