くらし情報『「SNSは見られてる?」就活の都市伝説に迫る!【素朴なギモン編】』

2016年10月8日 16:00

「SNSは見られてる?」就活の都市伝説に迫る!【素朴なギモン編】

もし採用担当者に見られるのが恥ずかしい場合は、早めにプロフィールやメールアドレスの見直しをしておきましょう。

Review


■海外留学やボランティア、サークル活動は必要?

就活で絶対に聞かれるテッパンの質問の一つ、「大学時代に頑張ったことは何ですか?」。これを意識して、とりあえずサークルに所属したり、就活時期が近づくと海外留学をする大学生が増えているそうです。ですが「みんながやっているから」とやってみるよりも、大事なことがあるようです。

「うちでは留学もサークルも重視していないです。経験しているだけでは何のプラスポイントにもなりません。むしろ、ほとんどの学生が経験しているからこそ、差別が難しくなる。経験したかしていないかよりも、『自分ならでは』の頑張った話のほうがよほど響きます」(某企業人事採用担当者)

「みんなやってるし」という気持ちで新しいことに手をつけるのではなく、これまで頑張ってきたバイトに力を入れたり企業研究を進めたりしたほうがよさそう。積極的に動いて、担当者の心に響くような生きた経験を手に入れたいですね。

これから採用活動が本格化してくるところも多いでしょう。様々な情報に心乱されることがあるかもしれませんが、囚われすぎずに就活を頑張ってくださいね!

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.