くらし情報『【死語】バブル時代に大流行した「ワカモノ言葉」20選』

2016年9月15日 16:00

【死語】バブル時代に大流行した「ワカモノ言葉」20選

肩パッド
肩にいれるパッド。バブル期に流行したファッション。

財テク
財務テクノロジーの略称であり企業や個人が本業以外に、資金を株式・土地などに投資すること。バブル期には投資すれば必ず利益が出て儲かるというイメージが持たれていた。

しょうゆ顔
キリっとした目にスラッとした印象の外観を持つイケメン。代表は東山紀之

セカンドバッグ
今でいうクラッチバッグ。オシャレな人はみんなこれを持っていた。

ソバージュ
根元から毛先まで、全体に細かくウェーブさせた髪型。80年代に流行した“ソバージュ”が、“ネオソバージュ”として進化を遂げ、雑誌などで注目されている。

ドライ戦争
1987年にアサヒビールが発売した「アサヒスーパードライ」が大ヒットしたことを受け、各社が続々とドライビールを発売し、販売合戦したこと。

ディスコ
音楽を流し、アルコールを含む飲料を提供し、客にダンスをさせる店舗。ジュリアナ東京が有名。いまで言うクラブと近い。ティラミス
ケーキの一種。ティラミスとパスタしか扱わないイタリア料理店も日本には存在した。

花金
金曜日の夜に遊ぶこと。今でも使いますが、どことなくバブリーな印象が。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.