くらし情報『スマホ依存になってない?注目を集める「デジタルデトックス」とは』

2016年9月24日 11:00

スマホ依存になってない?注目を集める「デジタルデトックス」とは

スマホ依存になってない?注目を集める「デジタルデトックス」とは


スマートフォンが普及して、いつでも簡単にネットを見られるようになりましたよね。さまざまなアプリSNSを楽しむことができ、スマホがあれば便利で楽しい時間を過ごすことができます。

読者の中にも、朝起きればFacebookをチェック。恋人や友人と食事をするときは、写真をインスタにアップ。寝る前にはゲームアプリでひまつぶし……という方も多いのではないでしょうか。

しかし、その一方で「スマホ依存」により、心身を消耗する人が増えているのも事実。今回は、そんな危険なスマホ依存に歯止めをかける「デジタルデトックス」という習慣をご紹介します。

■首が変形する?スマホ依存のコワさ

シマンテック社の調査によれば、日本人は、1週間に平均49時間をネットに費やしているそうです。これは1日あたり7時間、スマホやパソコンを見ている計算になります。TwitterやFacebook、InstagramといったSNSの普及により、デジタル空間で他人とつながる機会が増え、結果としてネットの利用時間は一段と増えていると予想されます。

長時間スマホの画面を見続けていると、姿勢が悪くなり肩こりや頭痛、めまいなどを引き起こします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.