くらし情報『横断歩道でおばあちゃんをおんぶ…… 不良キャラを見直すベタな展開』

横断歩道でおばあちゃんをおんぶ…… 不良キャラを見直すベタな展開

2018年4月11日 08:00
 

関連リンク

・レンジで“こんがり焼き魚”ができるオススメ調理器は…【4製品比較】
・おチビさん朗報…! 背が高くみえる鉄板ファッションテク3つ | スタイリストの体型カバーテクニック術 ♯61
・みんなどうしてるの?ストック食材・日用品の保管アイディア15選

漫画やドラマに登場する、見た目が怖くてまわりを寄せ付けない、普段はちょっと話しかけにくい不良キャラ。しかしふとしたときに意外な一面を見せ、そのギャップによって読者を魅了することも……。不良キャラを見直すベタな展開について、ヒトメボ読者に聞いてみました。

●横断歩道でお婆ちゃんをおんぶ
「横断歩道をおぼつかない足どりで歩くおばあちゃん。信号が青になった瞬間、『ほら、乗りなよ』とおばあちゃんに背中を差し出す不良キャラ。それを見たヒロインが微笑む……ありそうなシーンですよね」(埼玉・33歳男性)

言葉づかいが荒くて喧嘩っ早いけれど、老人・女・子どもに優しいのが鉄板の不良キャラ。意外な一面にヒロインはキュンときてしまうのでしょう。

●新聞配達で弟の学費を工面している
「隣の高校からも恐れられていた筋金入りの不良。実は毎日早起きをして、新聞配達のバイトで弟の学費を稼いでいる、という涙ぐましい設定」(岩手・30歳男性)

若くして苦しい家計を支えているという設定。普段はツンツンしていても、〝守るべきもの〟を明確に持っているパターンですね。

●坂で転がってくるオレンジを拾う
「白いワンピースを着た女性が持っていた袋からオレンジがいくつかこぼれ落ち……坂を転がっていくオレンジを追いかけ、さっと走りだす優しいヤンキー。その女性がお礼を言うと、『当たり前のことをしただけだぜ……』とか言いながら照れるところまでがセットです」(千葉・28歳男性)

優しい一面だけでなく、ちょっとお茶目な一面も見せてくれることも。

●子どもや犬を事故から救う
「道路に飛び出し車に轢かれそうになった子どもや犬を身代わりに助ける不良青年。その後、青年も助かるパターンと、本当に身代わりになって入院するパターンに分かれますね」(神奈川・26歳女性)

そのまま死んでしまい幽霊になった漫画もありましたね。やはり不良キャラは、子どもや犬など弱者の味方のようです。

●女の子に対して奥手
「硬派ゆえに女の子には奥手という設定。そしてそんな女の子を困らせる不届きものには容赦しないという設定。そして実は怖いお姉ちゃんがいて尻に敷かれているという裏設定」(茨城・36歳男性)

「どんなことがあっても女の子には手を出さない、という信念ゆえ、敵対する側に女の子がいるとピンチに陥る展開。そして、結果的に相手が女装であったことが判明し、ボコボコにするというなんとも極端なオチ」(東京・34歳男性)

男に対してはめっぽう強くても、相手が女の子になると急に奥手になってしまうよう。やはり不良キャラは……(以下同上)。

最初から優しさ全開のキャラクターが弟の学費を工面したり子どもを事故から救ったりしても感動は薄いもの。ギャップがあるからこそ魅力的な不良キャラ。「あの漫画のことかな?」と思い浮かんだ展開はありましたか?

(倉内ソタロー/ヒャクマンボルト)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.