くらし情報『今と昔でこんなに違う!?じぃじばぁばと私たちの子育て常識比較』

2016年8月17日 20:02

今と昔でこんなに違う!?じぃじばぁばと私たちの子育て常識比較

共働き世帯を中心に、おじいちゃん、おばあちゃんにも育児を手伝ってもらうパパママも多いですよね。特に新米ママには、子育て経験豊富なおばあちゃんは頼もしい助っ人。でも、ときどき育児方針の違いなど戸惑いを感じることもあるのではないでしょうか。今と昔、育児の常識も時代によって変化しているようです。そこで、今回は「育児の新常識」の情報を集めてみました。

「抱っこ」するケースとしないケースは昔と逆に?

目次

・「抱っこ」するケースとしないケースは昔と逆に?
・環境の変化で、「日光浴」と「予防接種後の入浴」も変わってきた
・赤ちゃんの「手」にまつわる新常識
・「うつぶせ寝」や「布団叩き」の意外な落とし穴
・「離乳食前の果汁」や「おっぱい(母乳育児)」についても大きな隔たりが
今と昔でこんなに違う!?じぃじばぁばと私たちの子育て常識比較

「抱っこ」はしたほうがいい?しないほうがいい?

助産師さんや小児科の先生に「いっぱい抱っこしてあげてね」と言われたり、祖父母から「抱き癖がつくと大変だよ」とあまり抱っこしないほうがいいとアドバイスされたり。真逆のアドバイスを抱えて、戸惑った経験はありませんか。現在は、赤ちゃんの安心感を満足させてあげることを重視して、「抱っこ」は推奨されているんですよ。

一方で、「夜泣き」の時は抱っこは必ずしも必要ではないそうです。睡眠リズムが未熟な赤ちゃんが寝ぼけて泣いている場合もあるんだとか。そんなときに抱っこすると、赤ちゃんの睡眠のペースを壊してしまいます。夜通しおんぶして、抱っこしてあやす必要はないようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.