くらし情報『子連れウェルカム!「ママ友検診」で子宮頸がん予防』

2017年1月13日 20:13

子連れウェルカム!「ママ友検診」で子宮頸がん予防

若い女性に増加中の子宮頸がん。ママたちからは「検診に行きたいけど、子どもの預け先が…」なんてため息も。でも、そんな人でも気軽に行ける「ママ友検診」という検診スタイルがあるんです。

「ママ友検診」ってどんなもの?

目次

・「ママ友検診」ってどんなもの?
・気兼ねしないで受診できる、がママ友検診最大のメリット
・もっと検診に行ってほしい。そのためにできること
子連れウェルカム!「ママ友検診」で子宮頸がん予防

「その名の通りママ友検診とは、ママたちがみんなで子宮頸がん検診を受けられるイベントのようなものです。医療機関にママ限定の頚がん検診の日時を設けていただき、参加希望のママを募集したうえで実施します。」

そう教えてくれたのは、「ママ友検診」の主催団体であるStand for Mothersの広報ご担当の方。病院が通常の診察とは別に用意してくれた枠で、ママだけが集まって検診を受けられるというわけですね。どうしてこのようなアイディアが生まれてきたのでしょうか?

「誰かが発案したというのではなく、『子連れでは検診に行きづらいよね』というニーズが話し合いの中で浮かび上がってきたことによって、企画が動き出しました。」

■子連れで検診にいくのはハードルが高い…!

子宮頸がん検診は、職場の健康診断などと一緒に受けられる場合もありますが、通常は、自分で病院に受けに行くもの。しかし、「病院には子どもを見てくれるスタッフがいるわけではないので、診察時に子どもをどうするか、頭を悩ませるママが多かった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.