くらし情報『家事のプロに聞く! 本当に使える掃除の裏ワザ【お風呂編】』

2017年2月24日 12:02

家事のプロに聞く! 本当に使える掃除の裏ワザ【お風呂編】

水垢やカビ、排水溝のぬめりなど、手間で面倒な「お風呂掃除」。そんなお風呂掃除の手間を減らす裏ワザがあれば、誰もが知りたいはずです!そこで今回は、クラウド家事代行サービス「CaSy(カジー)」で活躍する家事代行キャストの方に、お風呂掃除に使える裏ワザを初級、中級、上級にわけて教えていただきました。

【初級】鏡の汚れ&カビ発生防止の裏ワザ

目次

・【初級】鏡の汚れ&カビ発生防止の裏ワザ
・【中級】「天井・壁」掃除を楽にする裏ワザ
・【上級】「排水溝」掃除を楽にする裏ワザ
家事のプロに聞く! 本当に使える掃除の裏ワザ【お風呂編】

塗れた新聞紙で鏡を磨く

■鏡にリンスを塗ると曇りにくくなる!

シャンプーやリンスに含まれる「界面活性剤」には、水となじむ親水効果があり、これを鏡の表面に塗ることで、鏡の曇りを抑えることができます。では、なぜシャンプーではなく、リンスが良いのでしょうか?

「シャンプーにも同じ効果がありますが、泡立ってしまうと作業がしにくいので、リンスがオススメです。」

■鏡をキレイにしたいときは、濡らした新聞紙がおすすめ!

鏡をキレイにしたいときは、濡らした新聞紙で拭くのがおすすめです。新聞紙のインクの油分で鏡がピカピカになるそうです。

「頑固なウロコ状汚れになるとメラミンスポンジなどが必要ですが、水垢などは新聞紙でキレイに落とせます。新聞紙なら鏡を傷つける心配もありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.