くらし情報『赤ちゃんのスプーンいつから? 時期や練習方法、注意点も紹介』

2017年8月15日 16:02

赤ちゃんのスプーンいつから? 時期や練習方法、注意点も紹介

食事を親から食べさせてもらっていた赤ちゃんも、スプーンを使って自分で食事をするようになりますが、最初から大人のように上手にスプーンは使えないもの。親はどうサポートするとよいのでしょうか。子どもの発達や栄養などに詳しい、帝京科学大学幼児保育学科の上田玲子先生にお聞きしました。

スプーンを持ち始めるタイミングは?

目次

・スプーンを持ち始めるタイミングは?
・スプーンの持ち方の変化と時期の目安は?
・見守るときに気をつけるポイントは?
赤ちゃんのスプーンいつから? 時期や練習方法、注意点も紹介

子どもがスプーンを使い始めるのは、いつごろでしょうか?

「手と指の発達には『手のひらでつかむ(5カ月頃)』『手全体でつかむ(6カ月頃)』『親指側でつかむ(7〜8カ月頃)』『親指と人差し指でつかむ(10〜12カ月頃)』と段階があります。スプーンを使い始める時期としては、親指と人差し指でつかめるようになったらと一般的に言われています」

とはいえ、実際にはかなり個人差があるそう。

「『厚生の指標』(厚生統計協会2007年)の資料によれば、10カ月で1割、13カ月で5割、19カ月で9割の赤ちゃんが、スプーンで食べようとするというデータがあります」

一般的な『親指と人差し指でつかむ(10〜12カ月頃)』という目安と比べると、意外とゆっくりですね。焦る必要はありませんが、子どもがスプーンを持ちたがったときは、いつでも持たせてあげるのがよいそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.