くらし情報『「敬老の日」に三世代で旅行する率は? メリットや悩みも紹介!』

2017年8月28日 16:02

「敬老の日」に三世代で旅行する率は? メリットや悩みも紹介!

(5歳女の子・10歳男の子・12歳女の子のママ)

孫がじじばばとお風呂に入りに行ったり、一緒に住んでいるような体験をできたと親に喜んでもらえた。(5歳女の子・3歳女の子のママ)

孫と祖父母の距離が縮まり、一緒の時間や思い出を共有できてよかったという声が多く聞かれました。一方で、三世代で行くからこその注意点もあるようです。

三世代旅行のお悩みトップは「行き先」

三世代旅行で気を遣う部分について質問したところ、一番多かった回答が「お出かけ先をどこにするか」、続いて「祖父母の体力・気力」、「祖父母とパパ・ママとで旅行にかかるお金の支払い割合をどうするか」という結果になりました。

「敬老の日」に三世代で旅行する率は? メリットや悩みも紹介!

このような三世代旅行ならではのお悩みを解決するために工夫しているポイントをパパ・ママに聞いてみました。

■三世代旅行で工夫しているポイント

子供達と祖父母の体力やできること、やりたい事のバランスがいい場所を探す。(5歳女の子・11才歳女の子のママ)

祖父母の体調に気を使いなるべくゆっくりしたスケジュールを立てる。(6歳男の子のママ)

旅費は日頃の感謝の気持ちを込めて払ってあげる様にしている。(6歳女の子・9歳男の子のママ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.