くらし情報『<レビュアーが徹底検証>盛り上がる加熱式タバコ、女性にはどれがイチ押し?』

2017年7月1日 13:00

<レビュアーが徹底検証>盛り上がる加熱式タバコ、女性にはどれがイチ押し?

紙巻きタバコは、火をつけたらずっとタバコ本体から煙が出続ける。喫煙者が吐く煙のほかに、本体からの煙という二重の煙発生箇所があるのだ。

その点、アイコスなどの加熱式タバコは吸った後の吐いている時だけ蒸気が出る上、その蒸気も喫煙者の肺というフィルターを通してから排出される。肺のフィルター機能次第だが、有害物質をかなり低減した状態で排気しているのだ。この段階で初めて副流煙となる。

この差は非常に大きい。また煙は上空に溜まっていくが、アイコスなどの加熱式タバコの蒸気は重いために広がりにくいし、目線よりは下に向けて広がっていくのが違いだ。

加熱式タバコ(たばこベイパー)は煙を出さない。出るのは蒸気。コンビニのおにぎりや化粧品の保存料として使われている、安全性の高いPGなどのグリセリンを加熱すると湯気が出るのだが、これは煙ではなく蒸気。電子タバコ(ベイプ)も同様の仕組みを採用している。

ではそれぞれの特徴を見ていこう。

■アイコス、グロー、プルーム・テック、それぞれの仕組みと特徴

■アイコス

加熱式タバコの代表で、一番先にヒットした機種。2016年4月にテレビ朝日系『アメトーーク!』で取り上げられたのをきっかけに大ヒット。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.