くらし情報『民放連ドラ初主演・高畑充希が遊川和彦と組んだ『過保護のカホコ』の見どころ』

2017年7月12日 19:30

民放連ドラ初主演・高畑充希が遊川和彦と組んだ『過保護のカホコ』の見どころ

「最近は、カッコいい上官のような役が多かった時任さんが、情けない親父を演じてくれたらギャップが面白いと思って、ダメもとでお願いしたら、快諾してくださった。楽しんで演じてくださっています。

ギャップという意味では、カホコに大きな影響を与える麦野初(はじめ)役の竹内涼真君もそうです。優等生の役が多い竹内君が、屈折した青年を好演しています」

初は、カホコとは正反対、恵まれない環境で育ち、優しさをストレートに出せずに厳しい言葉を口にする。初のキャラクターには、遊川が投影されているそう。

■13階までの階段激走“眠れる力”を発揮

キャッチコピーの“史上最強の箱入り娘”には、今作の意味が込められていた。

「“最強”と“箱入り娘”は本来、相いれない言葉です。

カホコは、自分でも気づいていないし、両親も守ってあげないと何もできない子だと思い込んでいる。でも、彼女の中には、すごい力があるんです。その眠れる力を、初によって開花させ、家族や親戚の間で起こる問題を解決していきます」

高畑は一生懸命、頑張っているカホコの姿を見せたいという思いから、劇中に登場する13階までの階段を上るシーンを実際に上っているという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.