くらし情報『温泉教授が教える温泉巡りのコツ「欲張りすぎない」「温泉水のエイジングに注意」』

2017年7月29日 14:00

温泉教授が教える温泉巡りのコツ「欲張りすぎない」「温泉水のエイジングに注意」

名湯&秘湯の温泉旅行は日本人のお楽しみのひとつ。ところで、温泉には具体的にどんな効果があるの?上手な温泉巡りのポイントは?温泉教授の早坂信哉先生に聞いた。

温泉教授が教える温泉巡りのコツ「欲張りすぎない」「温泉水のエイジングに注意」
自然の美しさを堪能しながらの露天風呂。カラダだけでなく心も癒されます(秋田県・乳頭温泉)■入浴のメリットは温熱、浮力、水圧

名湯&秘湯の温泉旅行は日本人のお楽しみのひとつ。ところで、温泉には具体的にどんな効果があるの?

「まずは温泉を含め、入浴による身体への効果をお話ししましょう。入浴による最も大きな効果は、身体を温める温熱作用です」

と、温泉教授の早坂信哉先生。

「血管も広がり、血の巡りもよくなります。そして、体内の老廃物が運び出され、排出されます。つまり新陳代謝が活発になるのです」(早坂先生、以下同)

代謝アップは便秘予防や美肌など、女性にとってうれしい効果がたくさん!

「浮力も入浴の作用です。肩まで湯に浸かると、浮力で体重は約10分の1になります。身体が軽くなることで、関節への負担が軽減したり、肩こりや腰痛が和らいだりもします。

さらに、水圧も入浴の作用。入浴時の水圧は意外と大きなもので、肩まで湯に浸かった状態でお腹まわりを測ると、空気中に比べて数センチ縮んでいるほど。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.