くらし情報『オムライス×トンカツ、サラダ×ライスのご当地グルメとは?』

2017年8月20日 11:00

オムライス×トンカツ、サラダ×ライスのご当地グルメとは?

誕生して以来、地元の味として受け継がれ、いまなお進化を続けるソウルフードの数々。ボリューム満点の鉄板メニューや見た目も鮮やかなヘルシーメニューなど、“愛しのライス”は日本全国に。

オムライスとトンカツ! 夢のコラボが実現!

■ボルガライス(福井県越前市武生地区)

オムライス×トンカツ、サラダ×ライスのご当地グルメとは?
ボルガライス(福井県)
オムライスにトンカツをのせ、カレー以外のソースをかけた武生のご当地グルメ『ボルガライス』。オムライスにトンカツ!圧巻のボリューム感がなんといっても魅力。お腹をすかせた子どもたちが喜ぶこと間違いなしの鉄板メニューだ。

オムライスの中のご飯や、最後にかけるソースは、お店によって違うので、それぞれのお店で味の変化を楽しめます」

とは、ボルガライスが好きでたまらない、越前市の職員で結成された『日本ボルガラー協会』会長・ボルガチョフこと波多野さん。トンカツのかわりにメンチカツを出す店、オムライスの中はチャーハンだったりピラフだったりとさまざまだそう。

30年以上も前に誕生したと言われるその発祥については諸説あり、市内では『カフェド伊万里』『ジャムハウス』『江戸屋』の3店舗が有力とか。名前の由来も謎が多く、はっきりとしたことはわからない不思議な料理ともいえる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.