くらし情報『ボイメンの弟分、祭nine.がメジャーデビュー! 7人なのになぜナインなの?』

2017年8月27日 07:00

ボイメンの弟分、祭nine.がメジャーデビュー! 7人なのになぜナインなの?

ボイメンの弟分、祭nine.がメジャーデビュー! 7人なのになぜナインなの?
祭nine.の7人。上段左から時計回りに、横山統威、浦上拓也、神田陸人、高崎寿希也、野々田奏、寺坂頼我、清水天規撮影/森田晃博
「ボイメン」ことBOYS AND MENの“弟分”が、シングル『嗚呼、夢神輿(ああ、ゆめみこし)』で満を持して8月16日にデビュー!男の子に大人気のアニメ『デュエルマスターズ』のエンディングテーマで、早くも話題に。

平均年齢17歳の美少年7人による「祭nine.」というグループ名だが、7人なのにナイン?

実はこのネーミング、事務所のラッキーナンバーが9、さらに、ベストナイン=べストメンバーであるという意味を込められているとか。『週刊女性』初登場なので、まずはリーダーの寺坂頼我から自己紹介を。

寺坂頼我(らいが)「はいっ、祭ナインのリーダー、担当カラーは赤色のライガです。とても幸せな男なので、きっとみんなのいい息子になります!」

野々田奏(かなで)「いい息子ってなんだ?」

寺坂「だって、週刊女性さんの読者さんは、きっと素敵なお姉さんだろうから」

清水天規(たかのり)「お姉さんってことは、いい年下の恋人になります♪だろ?はい、続きまして、紫色担当のタカです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.