くらし情報『木村拓哉、ニノと映画ロケで一緒になるも休憩中の「意外」な話し相手』

2017年8月29日 04:00

木村拓哉、ニノと映画ロケで一緒になるも休憩中の「意外」な話し相手

「オッケー!」

8月中旬の午後、原田眞人監督の声が響いた。来年夏公開予定の映画『検察側の罪人』のロケが、都内の寺院で行われていた。

木村拓哉さんと二宮和也さんが初共演することで話題になっている作品で、この日は朝7時から200名ほどのエキストラが参加して葬儀のシーンが撮影されていました。

主演の2人以外は、この日でオールアップということで、ロケ終了時にはスタッフとエキストラから拍手が沸き起こりました」(製作会社関係者)

猛暑の中、喪服に身を包んだ木村は撮影の合間は小さな扇風機で風を送ってもらっていた。

「普段どおり参拝客も来ていたので、本堂に入れないことでスタッフにクレームを入れる人も。撮影終了後、エキストラにペットボトル飲料が2本ずつ配られたほどの暑さでした」(前出・製作会社関係者)

1か月ほど前には、荒川の河川敷でもロケが行われていた。

「木村さんはグレーのスーツを着て髪をオールバックにしていましたね。

高速道路の下でエキストラがホームレスに扮していたんですが、そこは本当のホームレスの人たちが住んでいる場所。締め出されて遠巻きに見ていたのは気の毒でした」(近所の住人)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.