くらし情報『反町隆史 『相棒』4代目続投でロケ開始と同時に目指す釣り師としての高み』

2017年8月31日 04:00

反町隆史 『相棒』4代目続投でロケ開始と同時に目指す釣り師としての高み

反町隆史 『相棒』4代目続投でロケ開始と同時に目指す釣り師としての高み
「相棒」続投の反町隆史
「あらためてスタッフから“冠木亘役の反町隆史さんです!”と紹介されると、水谷さんからも拍手で迎えられてそのままガッチリと握手を交わしていましたね。いよいよ“運命の3年目”がスタートします」(制作スタッフ)

8月上旬、都内のスタジオでクランクインした、水谷豊主演ドラマ『相棒シーズン16』(テレビ朝日系)。4代目の反町隆史が続投、歴代相棒らに並ぶ3期目以上のシーズンを迎える。

「撮影前には、他番組の企画でエベレスト登山に挑戦したみたいで、何か思うことがあったのでしょう。“新しい気持ちで臨めるよ”と機嫌がよさそう。笑顔が絶えませんよ」(前出・制作スタッフ)

彼を前向きにさせているのは『相棒』出演やエベレストだけではないようだ。

なぜなら撮影開始と同じころ、バスフィッシングを趣味とする反町が待ちに待った新商品が各地の釣り具店の店頭に並び始めたからだ。

琵琶湖にほど近い、京都市に社を構える釣り具メーカー『deps』が、主にバス用に開発した『TAIL SLIDER』がそれ。

ホームページで《関東のハイプレッシャーなリバー攻略をメインに開発された》と謳う、この新商品が売れに売れている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.