くらし情報『浅田舞、過去を乗り越えて妹の真央と関係良好「ネガティブな気持ちは消えました」』

2017年9月2日 16:00

浅田舞、過去を乗り越えて妹の真央と関係良好「ネガティブな気持ちは消えました」

浅田舞、過去を乗り越えて妹の真央と関係良好「ネガティブな気持ちは消えました」
浅田舞撮影/廣瀬靖士
「妹(真央)がすごく舞台を楽しみにしてくれていて。“東京も大阪も見に行く!って(笑)。フィギュア仲間やファンの方も応援してくれて、見に来てくれるというので一生懸命、頑張りたいと思います」

浅田舞(29)が舞台『煉獄に笑う』で本格女優デビュー。遊女でもあり、陰陽師(おんみょうじ)でもあるキャラクターに扮したセクシーな衣装姿は大きな話題に。

「お腹も胸も半分見えているので、最初は少し抵抗がありましたが、“なりきる”ことにこだわりました。戦うシーンもあって、ダイナミックな動きもあるんです。自分でも(ポロリが)心配ですが、きっと私以上に周りの方がヒヤヒヤしていると思います(笑)」

演じる役は“兄とのつらい過去を持つ”という設定だが、そこには共感できる部分があるとうなずく。

「7歳のときから競技を始めて、ケガをしてうまくいかなかったり、妹に追い抜かれたのがちょうど思春期。そのころは親にも自分の気持ちが話せなくて、すごくつらかったんです。生活も荒れて今より20キロ太っていたし、生きる希望がないってくらい絶望の中にいました」

そんな彼女も、自分の道を見つけることで心境に変化が。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.