くらし情報『渡辺謙、真田広之、米倉涼子…海外で活躍する日本人俳優、現地での「本当の評価」』

2017年9月2日 19:30

渡辺謙、真田広之、米倉涼子…海外で活躍する日本人俳優、現地での「本当の評価」

そうなると、発音に不安のない日系人のほうが安心。渡航費も、ビザの問題もクリアですからね」(デーブ氏)

前出の今さんも“ハリウッドの常識”についてこう語る。

「日本人のキャラクター設定であっても、日本人ではない英語ネイティブのアジア系アメリカ人が抜擢される、あるいは日本人ではない設定に変更されるというのがアジア人にとっての壁。近年はダイバーシティ(多様性)が叫ばれているため日本人も活躍の場を得られつつあるものの、まだまだアジア人枠は役そのものが少ないのがネックです」

私たちが思っている以上に、米国内では話題になっていないこともしばしばあり、

「よっぽど日本に興味がある人でないと、日本人スターのことは知らないですね。渡辺謙さんのことも、写真を見れば顔はわかるかもしれませんが、名前や出身国までは結びつかないかもしれません」(アメリカ在住の日本人女性)

「“全米が泣いた”というキャッチコピーも、ニューヨークやロサンゼルスなどの都市部に限ったことで、田舎ではまるで話題になっていないことも。温度差は否めませんね」(現地通信社記者)

■日本人観光客向けの広告宣伝?

そんな日本人の役者に与えられる役は“典型的な日本人”を体現した役だという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.