くらし情報『渡辺謙、真田広之、米倉涼子…海外で活躍する日本人俳優、現地での「本当の評価」』

2017年9月2日 19:30

渡辺謙、真田広之、米倉涼子…海外で活躍する日本人俳優、現地での「本当の評価」

デーブ氏が“女版・真田広之”と称するのは、’06年に映画『バベル』に出演した菊地凛子

「彼女も海外を中心に活動しているので、英語の発音が上手。日本の芸能界よりも外国のほうが肌に合っていたのでしょうか?ハリウッドだけでなく、たくさんの国から声がかかっているし、アメリカのテレビ番組にも出演しています。今までにない成功例でしょう」

菊地と同じ『バベル』に出演した役所広司など、「シネフィル(映画通)に知られている俳優は少なくないけれど、局所的な人気」というレベルだそう。

千葉真一さんらアクションスターも、タランティーノら有名監督が推さなければ見る人も少ないですし、香港アクションと同じくらい日本の任侠映画も人気なので、それなりの人気はあると思います」

ブロードウェイ・ミュージカル『シカゴ』に出演した米倉涼子も、今秋に凱旋公演が決まっているが、現地では評判のよしあしどころか話題にのぼることさえなかったそう。それでも海外でキャスティングされるのは、こんな裏事情もあるとデーブ氏は語る。

「米倉さんくらいスタイルがよければ、海外の人と並んでも見劣りしません。渡辺謙さんも身長が高く、顔の表情で演技ができますしね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.