くらし情報『ビリー・バンバン、兄弟ふたり大病からの復活「僕らは新しい役割を与えられた」』

2017年9月10日 18:00

ビリー・バンバン、兄弟ふたり大病からの復活「僕らは新しい役割を与えられた」

弟・進(69)の透明感のある歌声に、孝がハモる。

兄弟が生み出す音色に、満員の観客が聴き入った。

「大げさかもしれないけど、僕自身、1曲1曲に魂を込めて歌った。また兄貴と歌える喜びをかみしめながらね。ふたり一緒にステージに上がれる日が来るなんて、奇跡みたいなもんだから」(進)

兄の脳出血から、わずか2か月前、進も大腸がんの手術を受けていた。病期はステージ3。3年たった現在、経過は良好で、術後5年と言われる根治を目指している。

「進も僕もそうだけど、年をとると、待っていたように病気がやってくる。これが現実なんだよ。だけど、お前(病気)の思うようにはさせないぞって気持ちが大切なんだ。病気になっても、俺は俺の人生を生きるぞって」(孝)

その思いを込めた著書、『さよなら涙リハビリ・バンバン』(9月1日発売・秀和システム)が出版された。

過酷な病をどう乗り越えたのか。じっくりと語ってもらった。

◇◇◇

「前兆?ないない。突然だよ」

孝は「その日」を振り返る。

当時、94歳だった母親の介護を5年続けていた孝は、その日も、地方の仕事を終えると、最終の新幹線に飛び乗り、実家へと向かった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.