くらし情報『ビリー・バンバン、兄弟ふたり大病からの復活「僕らは新しい役割を与えられた」』

2017年9月10日 18:00

ビリー・バンバン、兄弟ふたり大病からの復活「僕らは新しい役割を与えられた」

「右利きで利き腕が残ったから、箸も使える、歯磨きもできる。せんべいの個別包装はありがた迷惑だけど、それだって、こうやって(歯を使い)開けられる。カミサンは必要以上に手を出さず、そんな俺を見守ってくれてる」

週に2回は専門のリハビリ師の訪問を受ける。取材当日も、終えたばかりだった。

「今日も杖(つえ)を使って、廊下を10往復だよ。リハビリ師さんに、“あと1回できますか?”なんて言われると、疲れてても、“やります!”って答えちゃう。マゾだから(笑)。もちろん、ダメな日もあるけど、いい意味で、“いい加減”にやってると、嫌にならずに続けられる。それで、今までできなかったことが、ある日ふっとできたりすると、うれしいんだ」

発症当初は記憶力が弱り、「あれ、なんて名前だっけ?」と物の名前が出づらかったが、ひとつひとつ克服している。

「今、思い出せないのは、テレビで顔を隠す、あれ」

「モザイクですか」と答えると、「それだ!モザイク。もう忘れないぞ。こうやって、思い出せない単語を片づけていって、ずいぶん減ったんだ」

順調なリハビリの日々を送るが、むろん、心が折れることもある。

中でも落ち込んだのは、トイレでの失敗。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.