くらし情報『“リアル・カホコ”たちの婚活実態 「過保護」の本当の問題は娘の〇〇を奪うこと』

2017年9月6日 12:00

“リアル・カホコ”たちの婚活実態 「過保護」の本当の問題は娘の〇〇を奪うこと

ブログやツイッターでの婚活指南が好評のライター・仁科友里さんが、今話題のドラマ『過保護のカホコ』を参考に、“リアル・カホコ”の婚活を考察します。
◇◇◇

前回の記事に引き続き、今回も水曜ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)を婚活視点で考えてみたいと思います。

前回は極度にアマいお母さん(以下、アマ母)に育てられた結果、アラフォーを迎えてしまった“リアル・カホコ”の問題点を考えましたが、その記事を読んだ36歳・婚活中のBさんから、こんなメールが届きました。

「うちの母はアマ母で、私はリアル・カホコですが、それの何が悪いんでしょうか」

同じような意見を持たれた方も多いと思うので、再びアマ母と婚活について考えてみたいと思います。

カホコ(高畑充希)は、朝起こしてもらい、お弁当を作ってもらい、駅まで車で送り迎えしてもらっています。過保護と言えば過保護ですが、実家暮らしの女子大生なんて、こんなものではないでしょうか。

“リアル・カホコ”たちの婚活実態 「過保護」の本当の問題は娘の〇〇を奪うこと
初(はじめ)役の竹内涼真、カホコ役の高畑充希
過保護の本当の問題点、それは家事ができないことよりも、娘が人間関係を築く力を奪ってしまうことなのです。

たとえば、カホコには友達がいません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.