コーヒーは身体に悪いだけじゃない!実はこんなにあった「健康効果」

2017年9月8日 22:00
 

■やっぱりコーヒーって身体に悪いの?

みなさんはどんな時にコーヒーを飲みますか?朝起きて目覚めの一杯。仕事中のお供として。休憩中、お菓子とともに。

この記事を読みながらコーヒーを飲んでいる方も、もしかするといるかもしれませんね。コーヒーが日々の生活に欠かせない人も多いのではないでしょうか?

しかし、一方でコーヒーは身体によくないという話をよく聞きますよね。睡眠が浅くなる、発がん性がある、貧血になる…。何かとマイナスの内容が喧伝されてきたコーヒーですが、コーヒーは本当に身体に悪い飲み物なのでしょうか?

■病気予防効果、ダイエット効果も!

健康にいいというイメージがあまりないコーヒー。しかし、1990年代以降は、次第に「コーヒーは身体にいい」という内容の研究論文が増えてきました。

では、コーヒーには健康面でどのようなメリットがあるのでしょうか。

(1)肝臓がんのリスク軽減効果

厚生労働省の研究班が実施した大規模な調査(約10年間にわたって約9万人を対象)では、コーヒーをほとんど飲まない人の肝臓がん発生率を1・0としたとき、毎日1~2杯飲む人、毎日3~4杯飲む人の発症率は、それぞれ0・52、0・48とほぼ半減。

毎日5杯以上飲む人の発症率は0・25と、飲まない人に比べて4分の1に下がっていたそうです。

(2)糖尿病のリスク軽減効果

フィンランド国立衛生研究所の行った調査によると、コーヒーを1日3~4杯飲む人の2型糖尿病の発症率は、まったく飲まない人に比べて男女ともに3割近く低く、さらに1日10杯以上飲む人では、女性で79%、男性で55%も発症率が低いという結果でした。

こうした病気予防のほかにも、コーヒーには特に女性にうれしい効果があるんです。

(3)ダイエット効果

ブラックコーヒーはカロリーがほとんどありません。加えて、お腹に溜まり満腹感を得られ、食欲をおさえることができるため、ダイエット効果が得られると言われています。

■飲みすぎには注意!

このように、意外にもコーヒーには身体にいい効果が数多くあります。しかし、くれぐれも飲む量には気をつけなければなりません。コーヒーには、やはりデメリットもあります。

病気の予防効果があるから、ダイエットに効くから、と大量に飲んでしまうと、マイナス面が目立ってきてしまいます。例えば、濃いコーヒーは刺激が強いので、空腹時に飲むと胃壁が荒れてしまう可能性があります。また、カフェインの影響で寝つきが悪くなったり、膀胱がんのリスクを高めるというデータも出ています。

■コーヒーと上手な付き合い方を

何事も加減が大事です。好きだからと言ってがぶ飲みしていると、せっかくの健康効果も得られず、身体に悪影響を及ぼしてしまいます。

コーヒー好きも飲み過ぎには気をつけて、中毒にならない程度に上手に病気の予防効果を手に入れましょう。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.