くらし情報『認知症の大山のぶ代さん、夫の四十九日を終えて直面する“相続問題”』

2017年9月25日 20:30

認知症の大山のぶ代さん、夫の四十九日を終えて直面する“相続問題”

認知症の大山のぶ代さん、夫の四十九日を終えて直面する“相続問題”
先に夫を亡くした、認知症を患う大山のぶ代さん
大山のぶ代の夫、砂川啓介さんが80歳で亡くなったのは7月11日のこと。早くも2か月がたち、四十九日の法要もすでに行われたという。

大山はどんな様子だったのか。砂川さんの親友で7月の葬儀に参列していた毒蝮三太夫に聞くと、

「終わってから啓介のマネージャーに電話で報告してもらったくらいで、四十九日には参列していないんだよ」

親族だけでひっそりと終わらせたようだが、まだ気がかりは残っている。

■子どももなく天涯孤独に……

ふたりは’64年に結婚して以来、おしどり夫婦として名を馳せていたが、残念ながら子宝には恵まれなかった。

「最初の子どもは死産で、次の子は未熟児で生まれたうえに、ほどなくして亡くなってしまったのです。ふたりとも大の子ども好きだったので、本当にショックだったと思います」(芸能プロ関係者)

大山は兄弟や親族がいないため、唯一の身内である砂川さんを亡くした後は、天涯孤独の身となってしまった。さらに、’09年ごろから認知症を患い、昨年からは介護施設に入っている。

「砂川さんは認知症を患った妻を献身的に介護していました。“俺が先に死ぬわけにはいかないんだ”と、周囲にも話していたんですが、力尽きてしまったんですね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.