くらし情報『中村雅俊「“裏切り者雅俊”と報じたスポーツ紙は今でも持っています(笑)」』

2017年9月12日 06:00

中村雅俊「“裏切り者雅俊”と報じたスポーツ紙は今でも持っています(笑)」

中村雅俊「“裏切り者雅俊”と報じたスポーツ紙は今でも持っています(笑)」
中村雅俊撮影/伊藤和幸
「デビューしてからの40数年で芸能界を取り巻く環境は変わりましたね。俺はドラマでいきなり主演デビューだったけど、今なら無名の新人がいきなり主役なんてありえないでしょ。時代に恵まれてラッキーだったなって思います」

そう言って目尻を下げながらニコッと微笑(ほほえ)んだ中村雅俊(66)。

その素朴で温かいキャラクターで老若男女を虜(とりこ)にしてきたが、俳優業と同じぐらい力を注いでいるのが音楽活動だ。

デビューから43年連続、ツアーを行い、11月25日に開催される福島のコンサートで通算1500回公演を達成する。

「ここまで長く続けてこられたのは運もあるし、出会いに恵まれたのもあります。でも、支えてくれるファンの存在、そして家族ができて養っていこうという覚悟ができたからこそ、頑張ってこられたと思います」

■歌手デビューの話は夢のようだった

そんな偉業達成にもサラリと答える中村。主演ドラマでのデビューに、デビュー曲『ふれあい』が大ヒット……と瞬く間にスターとなった彼の歴史をあらためて振り返ろう。

出身地は宮城県女川町。漁業で潤っていた町には200軒近くも飲み屋があり、中村の母親も飲食店を営んでいた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.