くらし情報『脳死、そして決断の時迫る臓器提供。心臓のバトンリレーを描く『あさがくるまえに』』

2017年9月17日 14:00

脳死、そして決断の時迫る臓器提供。心臓のバトンリレーを描く『あさがくるまえに』

脳死、そして決断の時迫る臓器提供。心臓のバトンリレーを描く『あさがくるまえに』
(c) Les Films Pelléas, Les Films du Bélier, Films Distribution / ReallyLikeFilms
夜から夜明けへ。その移ろいゆく夜と朝の狭間がとても美しく、青く、蒼い。その深い青の中で恋人と過ごす静寂の夜から映画が始まる。少年は、彼女が寝ているベッドを抜け出し、夜の町を自転車で疾走する。夜の闇に少年の力強い生命の光が眩しい。やがて少年の疾走に寄り添うようにスケートボードの少年、車の少年と仲間が夜に集う。3人の行き先は海。目的はサーフィン。命の源である海に抱かれるように波に包まれていく3人の少年たち。しかし海からの帰り道、新しい朝とともに交通事故に遭い、ひとりだけ「脳死」との判定を下される。

その少年の名はシモン。病院からの知らせを受け駆けつける母マリアンヌエマニュエル・セニエ)と、いまは別に暮らす元夫ヴァンサン(クール・シェン)。外傷はほとんどなく外見は変わらないが死んでいる。心臓は機械で動かされているだけ。目を覚ます確率は皆無と説明されても納得できない。いちばんつらく気持ちの整理がつかないまま、「臓器提供」の説明がなされる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.