くらし情報『『おんな城主 直虎』柴咲コウ「最終回まで直虎さんが生きているかちょっと心配」』

2017年9月24日 11:00

『おんな城主 直虎』柴咲コウ「最終回まで直虎さんが生きているかちょっと心配」

『おんな城主 直虎』柴咲コウ「最終回まで直虎さんが生きているかちょっと心配」
直虎を演じる柴咲コウ。(c)NHK
「いろいろな方が撮影を終え、現場から去っていくのは寂しいですね。特に小野政次を演じた(高橋)一生さんはご一緒していた期間が長かったので、アップされた日は“ああ、もう明日からいないんだ”と、思ってしまったり。ご本人もちょっと寂しそうでしたし、ハードな撮影をともに乗り越えてきたので、役者同士の絆みたいなものは培えたかなと思っています」

“政次ロス”をこう語るのは、大河ドラマ『おんな城主直虎』で直虎を演じる柴咲コウ(36)。手にした槍(やり)で政次を刺すという、衝撃的な別れの舞台裏をこう語った。クランクアップも近づく中、主演として現場を牽引(けんいん)してきた彼女に、撮影を振り返ってもらった。

「特に前半は、セリフを覚えるのと寝るためだけに家に帰る、というくらい撮影に集中していました。私自身、飽き性だと思っているところがあるので、このモチベーションがどこまで続くのか不安だったのですが(笑)、台本も面白いし、スタッフや共演者にも恵まれて、楽しくてしょうがなかったです」

第36回(9月10日)で、出家の身から還俗して“おとわ”に戻った直虎。城主から農婦へと立場も変わった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.