くらし情報『『池の水ぜんぶ抜く』の人気ぶりを『イッテQ!』放送作家が分析してわかったこと』

2017年9月25日 17:00

『池の水ぜんぶ抜く』の人気ぶりを『イッテQ!』放送作家が分析してわかったこと

番組MCのロンブー淳とココリコ田中直樹のコンビも良い。特に生き物好きの田中くんの素直なリアクションは、シンプル過ぎるゆえ、時に単調になりがちな番組において効果的なアクセントになっている。

よって今回は田中直樹さんに「池の水もっともっと抜いてリアクションしてほしいぜ」賞を勝手にあげて表彰したい。

大晦日、紅白の裏で「池の水ぜんぶ抜き生中継」とかやらないのかな。

レギュラー化のウワサもあるこの強力な番組、自分の担当してる番組の裏に来るのだけは勘弁してほしいものである。

<プロフィール>
鮫肌文殊(さめはだ・もんじゅ)
放送作家。’65年神戸生まれ。古舘プロジェクト所属。『世界の果てまでイッテQ!』など担当。渋谷オルガンバー「輝け!日本のレコード大将」(毎月第2金曜日)、恵比寿頭バー「歌謡曲主義」(毎月第3火曜日)などでの和モノDJ、関西伝説のカルトパンクバンド・捕虜収容所のボーカリストなど音楽活動も数多い。

<鮫肌文殊からお知らせ>
鮫肌文殊率いる関西伝説のカルトパンクバンド・捕虜収容所、24年ぶりのニューアルバム『GREAT COCK HITS VOLUME2』が全国インディーズ取扱店にて絶賛発売中。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.