くらし情報『<秋場所総括>勝ち抜いた男の言葉は重かった「やっぱり私は大相撲が大好きだ!」』

2017年9月25日 17:00

<秋場所総括>勝ち抜いた男の言葉は重かった「やっぱり私は大相撲が大好きだ!」

<秋場所総括>勝ち抜いた男の言葉は重かった「やっぱり私は大相撲が大好きだ!」
3横綱が休場でも秋場所は盛り上がった
終わってみれば、ひときわ感動させられた大相撲9月場所(9月10日~24日開催)。

始まる前から3横綱が休場。序盤に大関・高安と人気の宇良も休場になって大相撲危機が囁かれ、私が国技館に足を運んだ5日目には横綱・日馬富士が3連敗目を喫した。

そりゃ若手の阿武咲(おうのしょう)や朝乃山らの活躍もあったが、この時点で正直、日馬富士は引退?みんなケガばかりで相撲界はどうなっちゃうの?って暗澹(あんたん)たる気持ちになっていた。

■自信を取り戻したアスリートはセクシー

国技館の帰り道、スー女な友人らと暗い顔を突き合わせて「どうなっちゃうの?もう相撲は終わりなの?」とぼそぼそ話した。口では「相撲界は大丈夫よ」と言いながら、私は相撲を信じられないでいた。さらに6日目からは大関・照ノ富士も休場し、気持ちはさらに塞いだ。

ところが!

日馬富士は10日目に4敗目を喫したものの、それ以外は白星を重ねた。勝ったあとにチラっと上を見るようなその表情、視線に、自信を取り戻してきたのかな?と感じた。こんなこと言ったらまた怒られるかな?でも、自信を取り戻したアスリートってすごくセクシーだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.