くらし情報『鈴木砂羽の主演舞台を降板したあの美魔女・牧野美千子が「真相」暴露か』

2017年10月15日 21:00

鈴木砂羽の主演舞台を降板したあの美魔女・牧野美千子が「真相」暴露か

鈴木砂羽の主演舞台を降板したあの美魔女・牧野美千子が「真相」暴露か
鈴木砂羽
牧野美千子という名前を聞いてピンとくる人はかなりの芸能通だ。

先月、鈴木砂羽が主演、初演出を務める舞台『結婚の条件』に出演予定だった女優ふたりが、

「鈴木氏から人道にもとる数々の行為を受けた」

ということで揃って降板するというトラブルが起きた。その女優のうちひとりが彼女だ。

騒動は「土下座させられた」「させていない」など双方の言い分が異なるなどして、法廷に持ち込まれそうな気配もあったのだが、その後は沈静化したように見える。

ニュースが報じられたときに、彼女の顔を見て牧野美千子だとすぐに分かった人は少ないだろうが、

「あの美魔女は誰だ!」

と思った人は多いはずだ。

実は彼女は80年代前半に放送されていたスーパー戦隊シリーズ『超電子バイオマン』でピンクファイブ・桂木ヒカルを演じていた女優。

ドラマ放映後はグラビアモデルやワイドショーのレポーター、歌手など幅広く活躍していてファンも多かったのだが、惜しいことに、若くして芸能界を引退してしまったのだ。

その後サラリーマンと結婚して、13年前から夫の実家である佃煮と惣菜の店で、女将を務めている。彼女は最近、築地の“美人女将”として雑誌やテレビに頻繁に登場して話題になっているので、目にした人は多いかもしれない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.