くらし情報『なんかハナにつく! 他人の「匂わせ」に過敏反応してしまう人の心理構造』

2017年10月22日 13:00

なんかハナにつく! 他人の「匂わせ」に過敏反応してしまう人の心理構造

なんかハナにつく! 他人の「匂わせ」に過敏反応してしまう人の心理構造
写真はイメージです
あなたのまわりに、「なんだかハナにつく、人望がない人」はいませんか?そんな人たちに共通するのが「匂わせ」のしすぎであることだ。

たとえば、「彼氏に大事にされている」ことをことさらに強調してくる人がいる。こっちは何も興味がないし聞いてもいないのに、

「彼ったらね、こんなこと言うの」

「どんなに仕事で疲れていても、かならず家まで送ってくれるの」

などと、いかに自分が大事にされているかを強調する人がいる。

『「上から目線」の構造』『薄っぺらいのに自信満々な人』(ともに日本経済新聞出版社)などがベストセラーとなり、現代の人間心理をずばりと読み解く手腕に定評のある、心理学博士の榎本博明氏。氏の新刊『「自分のすごさ」を匂わせてくる人』(サンマーク出版)は、発売と同時に大きな話題となっている。

本書から、心理学者の榎本氏の目線で見た「自慢せずにいられない人」と「他人の匂わせに過敏に反応してしまう人」の心のメカニズムを紹介していこう。

◇◇◇

■「いい人がいる」匂わせ

自分にはいい人がいるのだと、言葉の端々で匂わせたり、SNSの投稿写真で匂わせたりする人がいる。

デートをほのめかすコメントをつけて、おいしそうな料理の並んだおしゃれなレストランのテーブルの写真や、ムードのあるラウンジのソファー席の写真をアップするなどの、手の込んだことをする人もいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.