くらし情報『『ひよっこ』で注目の峯田和伸が生んだ、世代をつなぐ「しびれる名曲」』

2017年10月23日 16:00

『ひよっこ』で注目の峯田和伸が生んだ、世代をつなぐ「しびれる名曲」

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊山名宏和樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、テレビ業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第33回は樋口卓治が担当します。■峯田和伸

今回、私が勝手に表彰するのは、銀杏BOYZ・峯田和伸さんである。

『ひよっこ』で注目の峯田和伸が生んだ、世代をつなぐ「しびれる名曲」
峯田和伸
最近ではNHK連続テレビ小説『ひよっこ』でみね子の叔父・宗男として、熱いロック魂を昭和に吹き込み、音楽番組では心洗われる峯田サウンドが流れている。

出てくるべき人にスポットライトが当たったと私の周りは喜んでいる。

と、さもファンのように語っているが、私はかなり後発のファンで、銀杏BOYZを知ったのは数年前、久しぶりに家族でカラオケに行ったときのことだった。

「家族そろってカラオケ、何年ぶり?」と心の内で小躍りしていたが、「お父さん歌って!」のよいしょもなく、こっちも息子、娘の歌う歌はよくわからんというスタンス。妻は勝手に何曲も入れているし。イメージと違う!という気分で時は過ぎていった。

そんな中、いっちょまえにニット帽をかぶった娘が、ソファーの上に立ち熱唱したのが『BABY BABY』だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.