くらし情報『加藤和樹×佐藤隆紀のWキャスト対談「シュガーがいてくれてホントに良かった」』

2017年10月21日 05:00

加藤和樹×佐藤隆紀のWキャスト対談「シュガーがいてくれてホントに良かった」

舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

第20回は加藤和樹さんが佐藤隆紀さんを指名!『週刊女性』本誌(2017年10月31日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

加藤和樹×佐藤隆紀のWキャスト対談「シュガーがいてくれてホントに良かった」
左から佐藤隆紀加藤和樹撮影/伊藤和幸■ステージに立ちますってときに、台詞を1個も覚えてないって夢を初めてみた

――おふたりは来年のミュージカル『マタ・ハリ』で共演予定で、加藤さんと佐藤さんはラドゥー大佐役をWキャストで演じます。加藤さんは、ビジュアル撮影のときに佐藤さんが痩せていて驚かれたそうですが。

加藤なんか別人だったから、びっくりしちゃって、“え?どうしたの?”って。

佐藤初出演のミュージカルで主演だった和樹くんと、同じ役をやらせてもらえるっていうので、うれしいと同時に“あ!ちょっとやせないとな”って(笑)。撮影までに3週間で7キロくらい落として。一回、和樹くんに近づこうみたいな。

加藤その話を聞いて、その貫禄も含めてシュガー(佐藤さんのこと)の良さがあるのにと思って。シュッとしてちょっと若返っちゃったんじゃないかと(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.