くらし情報『<祝>平岡祐太が4代目・浅見光彦に!「正直、ずっと主役をやりたかったんです」』

2017年10月29日 13:30

<祝>平岡祐太が4代目・浅見光彦に!「正直、ずっと主役をやりたかったんです」

<祝>平岡祐太が4代目・浅見光彦に!「正直、ずっと主役をやりたかったんです」
平岡祐太撮影/佐藤靖彦
「正直、ずっと主役をやりたかったんです。今までは主人公にあたっていく役が多かったので、すごく主役というものへの憧れがあって。だからこのタイミングでお話をいただけて、すごく恵まれているなと思いました」

月曜名作劇場『新・浅見光彦シリーズ』のスタートが決定し、平岡祐太(33)が4代目・浅見光彦役に大抜擢(ばってき)!1994年から続く長寿番組ということで、

「うれしさ反面、すごく“重み”を感じました。自分にやり切れるのか最初は不安もありましたが、僕の中に“やらない”という選択肢はありませんでした」

バトンを受け継ぎ、原作を読んだり過去のドラマを見たり、軽井沢にある『浅見光彦記念館』にも足を運ぶなどして着々と下準備を進めていったという。

歩き方ひとつとっても“浅見らしさ”を探求していったといい、

「(兄・陽一郎役の)石丸幹二さんが“丹田(へその下)のあたりに重心をおくと時代劇みたいに、腹膜あたりだと若者の歩き方になるよ”とおっしゃっていて。どこに意識をおくか変えるだけでこんなに違うんだと、勉強になりました。僕はみなさんが長年培ってきたものをとても信頼しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.