くらし情報『“キング・オブ・スキー”が夫婦で平昌五輪へ「バカだと言われてもポリシーを貫く」』

2018年1月3日 11:00

“キング・オブ・スキー”が夫婦で平昌五輪へ「バカだと言われてもポリシーを貫く」

クロカンにつながる持久力のベースアップを図った。さらに身体の使い方、筋肉の動かし方も根本から見直そうとヨガやピラティス、TRX(ファンクショナルトレーニング)などにもチャレンジ。細かい部分までメンテナンスをして、より大きなパワーを出せるように仕向けてきた。

「僕は“変わることへの好奇心”がすごく旺盛なんで、ホントにいろんな練習に手を出しました。身体能力の数値自体はそんなに変わっていないけど、自分の持てる力をより効果的に使えるようになった。意図しているわけじゃないけど、五輪前の2年間は毎回いいサイクルできている。今回も2017年2月のW杯札幌大会、3月のオスロ大会の個人ラージヒルで優勝し、その間に行われたフィンランド・ラハティでの世界選手権の同種目で銀メダルをとれた。それは自分にとってすごくいいことですね」と平昌を1年後に控えた2017年春、彼は目を輝かせた。

迎えた2017年夏。渡部は勝負の半年間をどう過ごすべきか思いを巡らせていた。北野建設には横川朝治監督と荻原健司部長、全日本にも河野コーチといった指導者はいるが、トレーニングの流れとメニューを自ら考え、実践するのが渡部流。自らアクションを起こせる選手こそが強い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.