くらし情報『“キング・オブ・スキー”が夫婦で平昌五輪へ「バカだと言われてもポリシーを貫く」』

2018年1月3日 11:00

“キング・オブ・スキー”が夫婦で平昌五輪へ「バカだと言われてもポリシーを貫く」

“ジャンプがダメならクロカンで何とかしなきゃいけない”と考えた。世界を回るようになってクロカンのうまい選手を見ると、彼らは緩急のつけ方が非常に長けている。そういう選手の技術やリズムのとり方をまねしながら、ガムシャラなレースを繰り返していくうちに自然と走力は上がりました」

’92年アルベールビル、’94年リレハンメル両五輪で団体金、’94年個人銀メダルをとった河野孝典・全日本複合チームヘッドコーチとの出会いも大きかった。

「河野さんが“身体が小さくてパワーのない選手が世界に通じる走りをするにはテクニックの改善をするのが一番早い”とアドバイスをしてくれたのも大きかった。2人でいろんな動画を見ながら、いかに力を使わずにスキーを滑らせるかを熱心に研究しました。一番参考になったのが、バイアスロンの走り方。バイアスロンの選手は銃をブラさずにスーッと走る。それに近づこうとしたんです。荷重のかけ方、足のさばき方といった細かい部分も見直したことで一気に成績が上がり、’09年世界選手権の団体金メダルもとれた。2度目の五輪だった2010年バンクーバーは個人ノーマルヒルこそ21位と出遅れたけど、ラージヒルは9位。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.