くらし情報『“キング・オブ・スキー”が夫婦で平昌五輪へ「バカだと言われてもポリシーを貫く」』

2018年1月3日 11:00

“キング・オブ・スキー”が夫婦で平昌五輪へ「バカだと言われてもポリシーを貫く」

冒頭のとおりソチの最高成績は2位。渡部がゴールした瞬間、テレビで解説していた荻原次晴氏が号泣するほど、ノルディック複合界にとっては悲願のメダルだった。最大目標の金メダルには手が届かなかったものの、フレンツェルという尊敬できる選手との死闘を彼は前向きにとらえていた。

「フレンツェルは勝負強さで勝てる選手。ひとつのレースの流れを見て、どこで勢いをつけるか、波に乗るかを的確にかぎ分けられる。そのうえ礼儀正しく正々堂々と戦う姿勢やメンタルも素晴らしい。本当に王者にふさわしいリスペクトすべき存在だと思います」と渡部は心からの敬意を表している。最高のライバルと持てるすべてを賭けて戦える機会を得られる競技者はそうそういない。清々しく晴れやかな思いもあったはずだ。

■国際電話でプロポーズ。夫婦で五輪へ

歴史的出来事を体験した翌日、渡部は由梨恵さんに1本の電話をかけた。

「結婚してくれないか」

「はい」

彼女は思わず、そう答えていた。

「本当は日本に帰ってメダルを私に見せながらプロポーズしようと思ってたみたい(笑)。でも暁斗はソチの後もワールドカップ転戦でしばらく日本には帰れなかった。それで“とりあえず電話で”ということになったようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.