くらし情報『國村隼、3か国合作映画に出演するも「言葉の壁」を感じなかったワケ』

2017年11月3日 12:00

國村隼、3か国合作映画に出演するも「言葉の壁」を感じなかったワケ

國村隼、3か国合作映画に出演するも「言葉の壁」を感じなかったワケ
國村隼撮影/伊藤和幸
「人間って、どこかで自分が生きる意味を求めてしまう生き物で。それに一生懸命になりすぎてストレスを抱えてしまう。でも実際、“生きる”ってもっとシンプルで“息を吸って、吐いている”、それだけのことだと思うんです」

映画『KOKORO』(ヴァンニャ・ダルカンタラ監督)はベルギー、フランス、カナダの3か国合作。そのため、現場でのコミュニケーションは常に“英語”だったが、國村隼(61)にとってさほど大きな問題ではなかった。

「相手の言っていることは、だいたいは理解できます。ただ向こうが考えもしないような、難しいことをしゃべって伝えるっていう英語の語彙(ごい)力はないので。だからアドリブなんて一切ない。というより、できないです(笑)」

’89 年公開の映画『ブラック・レイン』(リドリー・スコット監督)で、故・松田優作の子分のヤクザ役に抜擢(ばってき)され、國村の本格的映画デビューは“英語”で始まった。これが、“言葉の壁”を感じなかった大きな理由のひとつでもある。

「映画を本格的に始めたのが『ブラック・レイン』だったので、そのときから必要に迫られて英語は勉強していました。

香港などを拠点にしていた時期もありましたし、“恥ずかしい”とか、“ちゃんとした英語をしゃべらないと”とか思ってる暇はなかったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.