くらし情報『國村隼、3か国合作映画に出演するも「言葉の壁」を感じなかったワケ』

2017年11月3日 12:00

國村隼、3か国合作映画に出演するも「言葉の壁」を感じなかったワケ

ときどき“いい年した大人同士が遊んでる感じだな”と思います。こんなこと言ったら、“どれだけ真剣にやってると思てんねん!”ってどこからか怒られるかもしれないですけど(笑)。でも、それだけ楽しいんですよ」

実は役者と同じくらい、長く続けていることがもうひとつ……。

「釣りは、30年くらい趣味でずっと続けています。海釣りよりは、川や渓流のほうが好きで。釣りだけが目的っていうよりも、山の中の空気がいいし、きれいな水が流れているところに身を置くだけでも楽しかったりするんですよ」

■実力派にして、国際派!

昨年、韓国で700万人を動員する空前の大ヒットとなった映画『哭声/コクソン』で、外国人として初めて韓国映画祭で賞を受賞したのが記憶に新しい。’97年の『萌の朱雀』で映画初主演を飾り、北野武監督作品『アウトレイジ』や朝ドラ『芋たこなんきん』などに出演する一方、『キル・ビル』や『シルク』など海外作品にも出演。近年では、『忍びの国』や『ジョジョの奇妙な冒険』、『鋼の錬金術師』など、常に映画界の第一線で活躍し続けている。

<映画情報>

『KOKORO』
出演:イザベル・カレ國村隼安藤政信門脇麦長尾奈奈葉山奨之ほか
11月4日(土)ユーロスペースほか全国順次公開

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.