くらし情報『大相撲の番付表をジーっと見て思ったこと。気がつけば今場所も話題モリモリ!』

2017年11月5日 15:00

大相撲の番付表をジーっと見て思ったこと。気がつけば今場所も話題モリモリ!

ヒョウヒョウとした表情と、ちょっと毒気のあるユーモアでスー女たちにも大人気の彼。

40歳近い年齢でそれだけの大ケガを負い、「ああ、もう引退しちゃうの?」とみんなが心配したが、彼は不屈の男!自らのブログで「まだ自分の中で納得できるものがないので絶対に引退はしません」と宣言。番付が下がってもケガを治しながら土俵に上がり、「行事泣かせ」とも呼ばれる技巧派の相撲で勝ちあがってきた。

1男2女がおり、長男は今年7月に生まれたばかり。その愛息を抱っこしての土俵入りを大阪巡業で見せ、今回の復活も「家族がいたから乗り越えられた」と語る。九州場所もきっと家族のために、お父さんはファミリー・パワーで頑張るはずだ。

■ようやく本場所の土俵で4横綱が揃う

その一方で、21歳3か月の若さで、新たに小結に上がったのが阿武咲(おうのしょう)。小結とは、一番上のクラスである幕内の中でも、横綱を頂点に大関、関脇に次ぐ名誉ある地位。幕内に上がってから3場所連続で10勝5敗の好成績を収めてきた彼は、メラメラと炎のように立ち上る勝気をむき出しにして相手に向かっていく。その「勝ってやるぞ!」という相撲は、見る側をも「よっしゃあ!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.