くらし情報『<フィフィ・佐藤大和弁護士対談>今、芸能人の権利を守るユニオンが必要な理由』

2017年12月8日 16:00

<フィフィ・佐藤大和弁護士対談>今、芸能人の権利を守るユニオンが必要な理由

フィフィ:事務所の顔色を見ないといけませんからね。それに入ってしまうと、いつでも訴えますよ、という姿勢だと受け取られてしまいかねませんから。

事務所と敵対関係になってしまうのではないかというイメージがまだあるので、ちょっと入りづらいところがあると思います。

ーー芸能界、芸能人といっても幅広いと思うのですが、そのユニオンでまず救いたいと思っていらっしゃるのは、具体的にはどのような人たちなのでしょうか?

佐藤:僕たちが一番救いたいのは、これから芸能界に入りたい方、そして悪徳芸能事務所に入っている方たちですね。

ユニオンを作るというと、どうしても大手事務所を敵に回すのでは?と誤解されてしまいがちな節もあるのですが、そうではなく、地下の芸能事務所(※注2)に入っている方たちを守りたいと考えています。

フィフィ:大きな事務所はトラブルになると報じられてしまうので、トラブル自体を避けているような印象がありますね。

佐藤:大手の事務所のトラブルで多いとすれば、マネージャー主導の芸能人の独立、移籍です。タレントさんが主導することは少ないです。本人の意思というよりも、周囲からいわれて動くというパターンが圧倒的に多いんですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.